疑似エンボス加工を活かしたいくらのパッケージ

キーワード:
FOOD, PRODUCT, なるほど!実例シーン

ikura-main

ikura-sub1

 

ikura-sub2

 

ikura-sub3

 

有名ブランドのいくら加工品のパッケージ。

オフセット印刷の箱ですが、表面加工に特徴があります。

光沢がある部分(いくらのイラスト)とざらざらした質感の部分(それ以外)の対比によっていくらの質感を強調しています。

この手法を疑似エンボス加工といいます。

このようにイラストや写真を強調するのに効果的な手法です。

 

 Client:王子サーモン